2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2010年7月19日 (月)

京都弾丸旅行記

一昨日から昨日にかけて、日帰りで京都へ行ってまいりました、
旅の目的は、2年半ぶりにお母様と会うこと。

地元の広島から東京までは遠く、交通費もばかにならないので
お互いの居住地の中間地点である京都で会ってお茶でもしようやという話になりました。

しかし、うちの相方が大河ドラマの影響をモロに受け、現在にわか龍馬フリークと化しており、京都で龍馬ゆかりの地を巡りたいと言い出した為、途中まで一緒に行動することに・・・。

まずは伏見稲荷大社へ
全国にあるお稲荷さんの総本山です

昔、とある映画で見た千本鳥居の美しさに感激し、是非一度本物を見たかったのと、お稲荷さんは『商売繁盛・芸能の神様』との事で、こりゃー祈願に行くしかないぞと思い立った次第です。

Photo

ここでは、狐の絵馬にお願い事を書くんですが
狐さんのお顔を面白く描いている人が沢山いて
楽しそうだったので、私もおめめキラキラの狐を描いてみました。

Sn3d043700010001

こんなふうに吊るしてあります
写真には撮りませんでしたが、中には劇画調に描いた狐顔などもあり、
なかなかの力作ぞろい。

Photo_2

山道に居並ぶ朱色の鳥居は、それはそれは美しゅうございました。

Sn3d043600010001

流石に頂上まで登る時間と体力は持ち合わせておらず、
相方の切望で次の目的地『寺田屋』へ足を運ぶもかなり混んでおり、早々に京都駅へ戻り、ここでようやく母さまと合流。
そしてこのまま南禅寺へ湯豆腐を食べに行きました♪

100717_143203

100717_143202

100717_143201

朝から暑い中を歩きっぱなしだった為、
まづは生ビールと枝豆、湯葉の天ぷらを注文し、
一息ついたところで湯豆腐のコース料理が次々と運ばれてきました。

私は夏でも暖かいものを食べるのが好きなので迷わず湯豆腐でしたが
母さまと相方は夏季限定のおぼろ豆腐を注文
これがもっちりねっとりとしてむちゃくちゃ美味しかった!
しかも相方は私が頼んだ湯豆腐がかなり気に入った様子で、バクバク食べ、追加で日本酒まで注文、確かにこの料理なら日本酒にぴったりだなぁ~。
もちろんお猪口は二つ貰って私も2杯程日本酒いただきました♪

ってな感じで飲み食いしてたら、案の定写真を撮るのをすっかり忘れてしまい、残骸を撮影するのも忍びないので外の庭園を撮りました!
趣のあるお庭は、京都らしさが溢れていますね。

このあたりには湯豆腐屋がいくつもありますが、やはり冬場の方が賑わっているらしく、この日は全然並ばずに食べることができました、よかったよかった^^

南禅寺を後にし、私は母さまと京都駅へ

実は、抹茶・甘味の美味しいお店に行きたかったのですが
事前に調べたところによると、私が候補に上げたお店は『東京』か『広島』へ支店があったのです。

第一候補:茶寮都路里
http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/index.html

→なんと!東京大丸に支店があったw
めっちゃ職場の近くじゃんww

第二候補:マールブランシュ
http://www.malebranche.co.jp/brand_top.php

→こっちは地元の広島県福山市に支店が・・・!!

どうせなら京都でしか食べられないお店に行きたい!と、考えていたら、京都在住のお友達が『中村藤吉』というお店を教えてくれました。

http://www.tokichi.jp/

京都駅伊勢丹内にある中村藤吉で母さまと2人でお茶を♪

生茶ゼリィ抹茶と、抹茶味のまるとパフェを注文
同じメニューでほうじ茶を使ったものもありますが
ここはやっぱり抹茶ですね

100717_162601

100717_162702

お茶の香高い甘味の数々に舌鼓・・・!

しかも!

意外や意外、お店で無料で飲める『くきほうじ茶』が絶品なのです!
お茶の味がとっても濃いんだけど、渋みや苦味が強すぎず
とっても美味しい!!

甘いものを食べ過ぎてちょっと休憩したいなーっという時にも
ピッタリでした、あまりに美味しくて一袋買ってしまいました、
抹茶や玉露を買わずにほうじ茶を・・・・ww

そんなこんなで、夕方に相方と合流して3人で焼き鳥居酒屋にて夕食。

相方は南禅寺で日本酒を飲んだことを後悔しておりました、別行動で行った龍馬のお墓は山の上にあり、心臓バクバクいわせながら登ったそうです、相変わらずアホな奴です(笑)

というワケで、食事の後は夜行バスに乗り込み、あっという間に京都の時間は過ぎていきました、今度はトロッコ列車に乗ったり、納涼川床で会席料理を食べて、森喜のお豆腐を買って帰りたいな~。

今回、京都の人はとっても親切で暖かいなという印象を持ちました
地下鉄のホームで、どの電車に乗るべきか迷っている老夫婦に対し、横を歩いていたおばちゃんがすぐに『ここは東西線やから、烏丸線へ乗らんとあきまへん。』と教えてあげたり、混雑しているエレベーターに乗った時は、とあるおじちゃんが『まだまだ人乗れるよ、入っといで~!』と、次を待とうとしている人に声をかけたり、何だか気軽に人と人が助け合っているような、助け合っている事さえ意識していない、むしろそれが当たり前のことの様な空気でした。

相方は、関西弁のおばちゃんを怖がって『ここはアウェーだ。』と言ってましたが、私はもともと西日本の人間なので、逆に水を得た魚のようにのびのびと過ごしました、もちろん母さまと2人でバリバリ広島弁でお喋りしましたよ~ww

よき旅でした。