2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 朗読はじめました♫ | トップページ | 雪見ランチ♪ »

2013年2月18日 (月)

中原淳一生誕100周年記念展

雑誌編集長、イラストレーター、デザイナーなど、多方面で活躍されたアーティスト、
中原淳一さんの生誕100周年展に行きました。

20130216_105038

もともと彼の描くかわいいイラストが好きで、弥生美術館で昨年行われた『ひまわり展』を見に行ったり
、著作も所持しているのですが、今回は生誕100周年ということもあって
もぉ~!盛りだくさんの作品が展示されていました。

中でも、氏のデザインしたお洋服やお部屋の再現コーナーが圧巻!!

Dsc_1151

この2点のワンピース、もう何十年も前にデザインされたものとは思えない可愛さです
今売ってたら普通に可愛い~!ってキャーキャー言いながら買っちゃいますよ!

Dsc_1149

Dsc_1148

Dsc_1146

お次はお部屋の再現コーナー
Dsc_1153

水玉いっぱいのお部屋に、本棚の中には吉屋信子の小説や
若草物語などが並んでいました、当に乙女の部屋ですねぇ~!

Dsc_1154

Dsc_1157

そして次は、丸山敬太氏が再現したドレス!!!
Dsc_1159
もぉ、、息を飲むような美しさでした。。。
Dsc_1160
白いラインはパールを1粒1粒縫い付けてあるんです
気の遠くなるほど細かい作業、、、。
Dsc_1161
はぁ~(´∀`*)後ろ姿も美しい、、、。
そして、今回一番心に響いた絵が、これ、『蝶々夫人』です。

肉筆原画が展示されていましたが撮影NGだったのでグッ

ズのクリアファイルを撮りました。


ああっ!こんな素敵な柄の着物を着てみたい・・・!
間近で見た原画は、あまりの美しさと妙な気迫が現れていて
釘付けになりました。
Dsc_1166
この絵は、中原淳一氏が病を押して描いた最後のイラストとの事。
とても病床で描いたとは思えない鮮やかな色と、
憂いのある眼差しに見とれて
暫く絵の前から離れられませんでした。

人が強い想いを
持って作られたものには、時代を超えて訴える力があるんだとこの目で知りました。

素晴らしい展覧会でした、行ってよかった!
美しいものを見ると、心が洗われます!

そして、、、余談ですが
展示の最後に、著名人から中原淳一氏へ向けてのメッセージが多数寄せられており
美輪様のメッセージもあったんですが、、、達筆すぎて読めず(汗)
まだまだ美しいものへの知識はヒヨッコ並だと己の未熟さを痛感したのでありました。



« 朗読はじめました♫ | トップページ | 雪見ランチ♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朗読はじめました♫ | トップページ | 雪見ランチ♪ »