2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« フローズンガーデンで一杯 | トップページ | 丸ビルAUXAMISでランチ♪ »

2012年8月 5日 (日)

Movies-High12岡元雄作スペシャルを見てきました。

Movies-High
とは、ニューシネマワークショップという映画学校主催のイベントだそうです。

この日は、OBである岡元雄作監督の作品が3作上映されました、

『煙の薫り』
『メリーゴーラウンド』
『流騒』

3作品とも、『家族』がテーマであるという共通点があり、
それぞれの家族が問題に直面し、そこから再生してゆくというお話でしたが、
シリアスなものからコミカルなものまで、物語の描き方は異なり、3作品とも其々違った視点で楽しめました。
今年に入って、自主制作映画を見に行くようになりましたが、
予想以上の面白さ!次はどんな作品と出会えるんだろうといつもワクワクさせられます。


『流騒』の音楽を、知人が担当していたのですが

映像と音楽がぴしっとハマって、映画の世界を更に更に大きく伝えているように感じました、、、
真冬の宮津市の厳しい寒さが、真っ白い雪と、荒れた海と、
砂浜に打ち寄せる波の白い泡が、頭のてっぺんから指先まで、そして心の底まで冷え切った主人公の姿を表しているようで、スクリーンに映った映像に見とれてしまいました。

上映後、メインキャストと監督のトークショーがあったのですが
そこに現れた監督は、何故か汗だく・・・
なんと、新作映画の撮影途中にかけつけて下さったそうです
ジメジメして蒸し暑い夜に、野外で何時間も撮影をしていたとは、、、
映像を作る人というのは、本当に本当に、好きで好きでたまらなくて
きっと、撮らずにはいられない方なのでしょうか、
凄味を感じました。

映画作りへの情熱が、ビシビシと伝わってきて、、、
私はあれだけの情熱を持って物事に取り組めているだろうかと
考えさせられました。

そういうの、映画監督にとっては当たり前の事なのかな?

« フローズンガーデンで一杯 | トップページ | 丸ビルAUXAMISでランチ♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フローズンガーデンで一杯 | トップページ | 丸ビルAUXAMISでランチ♪ »