2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月18日 (月)

小野リサさんのライブ

小野リサさんのライブを見に
Bunkamuraオーチャドーホールまで行ってきました。

ボサノバを歌う私にとってはまさに「教科書」のような人

ジョビンの歌を練習する時に小野リサさんが歌っているバージョンを
聴いて参考にする事もあるし、そういう意味では、彼女の歌を聴く事は、私にとってごく自然な事です。

今回も、その延長線上で、娯楽というより「勉強の為に行こう!」
という考えが強かったのですが。

ライブを見た感想は、、、とっっても素敵でした!

流行廃りとか、全く関係なく、彼女の音楽が長年にわたり
愛され続けている理由を、感じました。

奇抜な事をしたり、新しい流行を生み出す事はカッコイイし、そういう表現をできる人やセンスをもった人をとても羨ましく思います。

だけど、例えば自宅のソファに座って何気なく音楽を聴きながら歌を口ずさむ時のような、肩の力を抜いた音楽にどうしても惹かれてしまいます、特に日常生活で緊張したり、変な所で気を使いすぎて空回り→無駄な疲労を繰り返してしまう私にとっては、当然の憧れかもしれませんが。

やわらかな心地良い音を紡ぎ、シンプルでありながら深みのある歌声と、同じくらいゆるやかな声でMCでは、今年ツアーで回った国々の出来事や共演したミュージシャンの事を楽しげに語っていました、その姿はやっぱり自然体で、緊張感のかけらもなく、それがこちら側にも伝わってくるのです。
オーチャードーホールの空気は一瞬にして「小野リサさんの世界」にいざなわれてしまいました、きっと彼女にとって歌うこととギターを弾く事は、歯を磨いたり、ご飯を食べたりするのと同じ、あたりまえの事なのだと思います。

「薔薇にふる雨」では、ジョビンの曲の素晴らしさにも改めて気づかされました、、、広々とした庭園に咲き誇る薔薇の上に、雨の雫が玉のように花びらをつたいおちてゆく、そんな情景が浮かんできて、ただもう美しい美しいメロディーにうっとり・・・。

ジョビンは何百曲も曲を作った人なので、まだまだ隠れた名曲があるはず!
私もまだ回りが歌っていない名曲を探してカヴァーしてやるううぅ~!
と、息巻いてこのブログを書いている最中に思わずアマゾンで検索してCDを注文してしまいました。

沢山の発見があり、、とっても充実した時間を過ごし、
終わった後には、まるで夢から覚めたような感覚に襲われ、
夢の余韻に浸りながら思わずため息がでてしまいました。

単なる「勉強」の二文字ではまとめきれないライブでした、
やっぱり人のライブを見に行くというのは自分がライブを重ねる
事と別の意味で、大きな糧になるものと実感、、、。
今まであまり足を運べなかった分、来年は素敵なミュージシャンの
ライブをたーくさん見に行こう♪

そして私も、来年は肩の力を抜いて、心地良い生活を送れるといいな・・・。

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »